固くならない丸オクラが収穫真っ盛り

採り遅れても固くならない丸オクラ

週に1~2回しか畑に行けずに、収穫が遅れると困る夏野菜の筆頭はキュウリだが、その次あたりに困るのがオクラじゃないだろうか?

オクラの成長は早く、大きくなるだけでなく、スジが固くなってしまい、食べられなくなってしまう。
しかし、それは一般的に流通している「角オクラ」の場合で、まさに角の部分のスジが固くなる。

一方、角の無い「丸オクラ」は、そもそもその角がないので固くならない。
だから、採り遅れても、大きくなっても固くならないので、美味しく食べることができる。
まさに家庭菜園向けのオクラと言えるのではないだろうか。

長い梅雨が空けると丸オクラがたくさん実をつけた

ということで、昨年までの角オクラから、今年は丸オクラを栽培した。

今年はあいにく異常なくらい長梅雨だったせいなのか、なかなかあまり収穫できない状態だった。
初めての品種なので、育てにくいのか? 収量が少ないのか? と不安もあったが、8月になってようやく梅雨も空け、強い日差しの暑い日が続くようになって、丸オクラがたくさん穫れだした。

中にはかなり大きくなってしまったものもあるが、それでも固くはなく、全て美味しく食べることができた。
角オクラに比べると、色が薄いことと、角が無いせいかどうかはわからないが、少し曲がってしまうものが多いように思う。
でも、全く味も食感も、角オクラと比べても問題なく、美味しくいただいた。

これならば、採り遅れもあまり問題はなく、とても助かる。
来年以降も丸オクラで行こう!

ただ丸オクラでも、成長は早いので、週1回の収穫だとちょっと厳しそうだが。

前の記事

ナスが虫害でボロボロ