ピーマンの特徴

ピーマンは、とうがらしの甘味種を改良したもので、いわゆるピーマンをはじめ、パプリカ、フルーツピーマンなどを含みます。

多く流通している緑色のピーマンは、未完熟のまま収穫されたもので、完熟すると赤くなります。

パプリカは、一般的には、肉厚で、完熟したときの色が赤や黄色、オレンジ色と色鮮やかなものを指して言いますが、ピーマンとの明確な違いはありません。

露地栽培では、秋に気温が下がっても順応し、霜が降りる前頃まで、長い期間収穫できます。

greenpeppe

  • ナス科
  • 連作を避ける期間:4年
  • 主な害虫:アブラムシ類、オオタバコガ、チャノホコリダニ
  • 主な病害:モザイク病、黄化えそ病、疫病、斑点細菌病